スポンサーサイト

投稿日:--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不良債権の問題

投稿日:2009/07/21(火)

さて、ファンダメンタルについてのお話の続き。
超短期トレードなどでは、チャートのテクニカル重視になりますが、ファンダメンタルの基礎は抑えたほうがいいと思うのです。

というわけで、次のテーマは不良債権問題と中国経済についての学習です。

不良債権の問題点

最初の連載で、信用創造とマネーサプライ(現金+預金)の話を書きましたが、これをもとに考えると、アメリカやヨーロッパが抱える不良債権問題がいかに大きな問題であるか、また現在の中国バブルの危うさが分かると思います。

現在のBIS規制(自己資本比率規制)の元では、銀行は貸し出しよりも財務の健全性を重視する結果となっています。例えば、80円の預金と20円の自己資金を元手に、90円を貸し出し10円を現金として置いておくとした場合を考えて見ますと、貸し出しの10%の9円が返済されなくなった場合、自己資金が11円になることになります。この場合、貸出額のたった10%でも、自己資金比率に大きな影響を与えてしまっています。

さらに、信用創造機能は、消費者が銀行に預金をし、銀行が貸し出しをしないことには始まりません。結果として、不良債権は信用乗数を低下させ、中央銀行による金融政策を阻害する可能性があります。

つまり、不良債権の存在は、銀行の抱える自己資本比率規制(BIS規制)問題と中央銀行の金融政策に、根本の部分から影響を与えるということです。

日本の不良債権

バブル崩壊で日本には大量の不良債権が発生しました。100兆とも200兆とも言われる不良債権の処理が一応終わったとされるのがバブル崩壊から10年後です。そこには、不良債権の処理をすると新たな不良債権が発生するという難しい問題がありました。

それは、巨額の不良債権処理によってGDPが押し下げられ、地価の下落・資産デフレが発生するためです。企業倒産による失業率の増加、資産の投売りによる資産価格の下落、銀行の自己資本減少による株価下落などが発生します。


>続く

コメント一覧

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

回答 おいしい水ランキング
ボルヴィック
ペリエ
六甲のおいしい水
エビアン
サントリー天然水
アルカリイオンの水
森の水だより
コントレックス
クリスタルガイザー
富士山のバナジウム天然水
日田天領水
NUDA
栗駒深層水
サンペレグリノ
クールマイヨール
その他

アンケートの回答はこちらからご覧になれます。

クレジットカード会社比較
powered by soKKuri?
  Page Top ↑
不良債権の問題についてのページです。
Copyright (C) 2008 water-guide.net All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。