スポンサーサイト

投稿日:--/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資雑感

投稿日:2009/09/05(土)

今のところ、為替と株の両方やっています。どちらがいいか比較するためもあります。しかし、どうしても勉強することが多くなり、相変わらずの毎日です。

某低位株ブログで話題の某新興不動産株は、1000円台で乗ろうかと思いましたが、リスクとリターンが見合わないと思ったのでパス。デイトレードなら持ち越しリスクは軽減できますが、それなら為替と変わらないのではないか、と。FXの指標スキャルのほうが勝算があるように思われます。

もっと言えば、専業でやっている仮定した場合、全力で乗るという選択は当然出てこないので、基本はスルーだと思われます。少なくとも、一般の方は乗らないほうがよいです。投資家にとって最も大切なことは、10年後も投資家でいられるということだそうです。


それにしても、某BNF氏のように短期間で大きく増やすには、やはり新興市場銘柄のような値動きの大きな銘柄に強気で乗るくらいじゃないと難しそうです。そして、全体的なトレンドとしては、上昇していることがポイントです。しかし、その新興市場の大相場は2005年頃のライブドアショックあたりで一旦終わった感じです。

FXの指標スキャルは、変動の大きな米指標発表前に、上に行くか下に行くかを読んでポジションを取るのと、発表直後に、値が動き始めてからポジションを取る方法があります。ただ、素人ハイレバは厳禁です。この間のISM指標で、上に行くと思ってロングしたら、実際に上に飛んだものの、発表直後にサーバーダウンして利益確定のチャンスを逃してしまいました。しかも、サーバが回復しても、動きが大きくてスリップしてなかなか約定できす、結局同値に近いところで撤収となりました。

そういえば、某天の声氏銘柄をチェックしてますが、動いたのは現在某新興不動産株とイーター、LCAあたりで、他は動きはいまのところなく、ジリ下がりモード。○○○通商は、数日動きそうな雰囲気がしていて、38000株くらいの買い注文が2日ほど入っていたので、これはそろそろ動くか、と思いきや、その直後に62円から58円に急落していました。「見せ板」でした。ふるい落としかもしれませんが・・・。というのは、ふるい落としをしないと、すぐに利益確定するホルダーが残って、一気にあがらないからです。天の声氏の実力はかなりのものだと思いますが、それでも全銘柄に分散投資にしていたら、ちょっとメンタル面で苦戦を強いられそうではあると思いました。

まあ、ともかく色々と勉強していく必要がありそうです。

指標あげ

投稿日:2009/08/08(土)

昨夜はフリーの高機能チャートソフトMetatrader4を開いて21:30の雇用統計ロケットageを眺めていました。ロングで乗っていればボーナスゲットですが、何が起きるか分からないのでノーポジションです。

為替市場を見ていると、やはり日本の経済的地位の低下を感じずにはいられない。日本の指標にはほとんど無反応なのに、アメリカの指標は世界の市場関係者が固唾を呑んで発表を見守る。最近は中国の動向が世界の市場を動かしている。米中ユーロの実質G3になった。というか、そろそろまた「アメリカの一人勝ち」という流れになることもあるかもしれない。
「パクス・アメリカーナ」は一応健在のようです。

さて、為替が97円台になったので、FXはちょっとお預けにして株のほうを物色してみようか、などどもくろんでいます。

株とFX

投稿日:2009/07/31(金)

投資対象としては、株とFXどちらがいいかということになると、やや決めかねる問題です。

FXの場合は、レバ1にしておけば、手数料が安くて融通の利く外貨預金みたいなものになります。税金が気になるならくりっく365系のものを使えば一律20%です。
で、このレバ1作戦というのは、お金がたくさんある場合は有効なのです。
変動率も株よりも低く、投資対象も国なので、たいへん安定です。
オーストラリアドルなら、約3%分の金利もおまけてついてきます。

ドル円なら、レバ2以上でもいけると思います。
ただそれ以外の通貨ペアの場合は、変動率が大きいので、よほど円高時のエントリーでなければレバ1にしておくことがオススメ。

株も、これと同様の考え方で投資すると良いということになります。
どちらも重要なのは、エントリーのタイミングです。

これにCFDやETFなんかを組み合わせれば、よりエントリーのタイミングが増えると思われます。


さて、今月はFXばかりやっていたので、ネット収入のほうが進展しておりませんでした。しかし、このFXざんまいも、FXサイトをやるため、ということになります。

株のほうは、メガバンクあたりの大型銘柄を買うつもりですが、こちらはタイミング待ちです。もう一回調整があるのではないか、と思います。

まあ、この超低金利政策のもとでは、キャッシュで持っていても金利が付かないので、安定投資法で増やしたいということです。
回答 おいしい水ランキング
ボルヴィック
ペリエ
六甲のおいしい水
エビアン
サントリー天然水
アルカリイオンの水
森の水だより
コントレックス
クリスタルガイザー
富士山のバナジウム天然水
日田天領水
NUDA
栗駒深層水
サンペレグリノ
クールマイヨール
その他

アンケートの回答はこちらからご覧になれます。

クレジットカード会社比較
powered by soKKuri?
  Page Top ↑
投資の勉強についてのページです。
Copyright (C) 2008 water-guide.net All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。